Yahoo!とGoogleのSEO対策は、基本的には多くの部分が共通しています。

しかしながら明確に違うポイントがあります。

その大きな違いのため、

Googleでは1位なのに、

Yahoo!では50位という極端な違いとなることがあります・・・。

このようなYahoo!とGoogleでは順位が大きく違うことは

検索エンジンのアルゴリズムの変動に関わらず、とてもよくある事例です。

ポイントは人間による評価も行うYahoo! と

全て検索エンジンロボットにより評価するGoogleといったところです。

つまりYahoo!には、ヤフー独自の別ルールがあり、

ある程度、意図的に検索順位を上げることができるのです。

その意図的に検索順位を上げる手法とは 具体的には、

Yahoo!カテゴリに登録していること、

またYahoo!カテゴリに登録されたページからリンクされていることです。

中でもヤフーはトップページを重要視しますので、

ヤフーカテゴリー登録されているサイトのトップページからのリンクは

ヤフーで上位表示するための最重要ポイントになります。

尚、現在のヤフーでは完全な商用利用のサイトならば

有料審査でカテゴリー登録してもらえます。

ですが、ヤフーカテゴリー登録されている

サイトからリンクをもらうことは

大変、難しいことは

少しでもSEO対策をしたことがある方なら分かると思います。

中でも、ヤフーカテゴリー登録されているサイトの

トップページからずっとリンクをもらうことは

有料サービス以外では非常に難しいでしょう。

また数ヶ月に1度、ヤフーでは検索順位の変動があります。

では、どのようなサイトの順位が下がるのか?

それは信頼できるリンク元が少ないところの順位は落ちていきます。

この信頼できるリンク元とはヤフーでは

専門スタッフが時間をかけて厳密に審査した

「ヤフーカテゴリに登録されているかどうか」

といったことが今でも最大のポイントです。

ライバルサイトよりも

多くのヤフーカテゴリに登録されたサイトのトップページから

リンクされているサイトは順位が上昇し、

ライバルサイトより

ヤフーカテゴリに登録されたサイトのトップページからの

リンクが少ないサイトの順位は下がるのです。

インターネット上にある噂ではヤフーカテゴリ登録は

もう効果がないというものがありますが、

それは事実に反した推測、希望的推測です。

上位表示したいキーワードの被リンク元を調べれば分かりますが、

上位サイトほどヤフーカテゴリー登録されたサイトのトップページから

リンクされていることが分かると思います。

ヤフーで上位表示をしようとする会社は、

特に競争率が高いビッグキーワードで上位表示しようとする会社は

次のような方法で上位表示を安定させています。

ヤフーカテゴリー登録はサイトの内容によっては

有料・無料を問わず難しいことがありますが、

最低でもヤフーカテゴリーに登録サイトからリンクをしてもらう、

できればトップページからリンクをしてもらわなければ

ヤフーでの上位表示は難しいのです。

そのため弊社ではヤフーSEO対策の決定版ともいえる

ヤフーカテゴリに登録されているサイトから希望のキーワードで

アンカーテキストリンクを行うので、

ヤフーの上位表示に非常に有効的なサービスとして評判です。

インフォメーション

被リンク数が多ければ検索順位が上がると思っていたのに・・・。

確かに被リンク数を増やすことは大切です。

けれど、「中小の検索エンジン登録代行サービス」

「キーワードテキスト広告リンク」等のSEO対策向け外部リンクサービスにおいて、

数千件、数万件という大量のリンク件数をウリにするサービスほど

結果が出た試しがないのは何故でしょうか?

現実には単純に被リンク数を増やすだけでは、

順位は上がりません。

それは、Yahoo!やGoogleのサイト評価のアルゴリズムは、

重複のない外部リンク数をカウントするために

「IPアドレス単位」「ドメイン単位」での外部リンク数を評価する仕組みのためです。

IPアドレス単位のリンクとは?

このIPアドレスとは、PCやサーバーなどに割り当てられた識別番号です。

「215.199.000.×××」のように、

現在は12桁の数字で構成されています。

通常、サイトのIPアドレスが違えば、

サーバーレベルおよび運営・管理者レベルでも別々であると考えられます。

例えば、レンタルサーバーを契約した場合、

その契約に割り当てられるサーバーのIPは一般的に1つだけです。

つまり同じサーバー内に100個のドメインを割り当て、

100個のWEBサイトを作っても、

100個のIPアドレスは全て同じものとなります。

つまり、あなたがSEO対策目的で、

一気に1000個の独自ドメインからリンクを

何らかの方法で獲得した場合、

「それぞれのサイトは独自ドメインで違うのだから、

被リンク効果も1000件分ある!」と思われるかもしれませんが、

現実には1000個のドメイン全てが同じサーバーにある限り、

1,000個のIPアドレスは全て同じとなり、

評価はあまり高くないことが予想されます。

実際、外部リンクのテキスト広告を販売するサービスには、

そういった誤ったタイプのものがよくあります。

また調べればスグにわかることですが、

Yahoo!およびGoogleの検索結果表示において、

上位ページほどIPアドレス単位の被リンク数の割合が多いのが現実です。

ヤフカテ被リンクサービスの特徴


★ ヤフーカテゴリー登録サイト被リンクサービス

今回、弊社が用意させていただくサイトは

全てヤフージャパン(Yahoo Jpan)のカテゴリー登録サイトです。

しかも海外のヤフーカテゴリー登録サイトではありません!!

またIPについてもクラスCレベルで30サイトすべてがIP分散されています。

ヤフーで上位表示したいキーワードで

10位以内に表示されるには、

ヤフージャパン(Yahoo Jpan)

カテゴリー登録されているサイトのトップページから、

ライバルサイトよりも多く、

そして長くリンクされている必要があります。

もちろん、キーワードによっては、

少なくてもよい場合がありますが、

ちょっとした激戦キーワードなら

ヤフーカテゴリー登録サイトのトップページから

10個以上の被リンクを何年にも渡ってもらっていなんてことも珍しくありません。

尚、弊社ヤフーカテゴリー登録サイト被リンクサービスでは、

ヤフージャパン(Yahoo Jpan)カテゴリー登録サイト

10個〜30個のトップページからの

テキストリンクとなりますのでヤフージャパン(Yahoo Jpan)での

SEO効果も非常に高く、

リンクの質をあらゆる側面から高めています。

尚、SEO対策・リンク効果を上げるため、

ライトプラン、スタンダードプラン、ゴールドプラン、プレミアムプランの

掲載期間は3ヶ月毎となります。

また今回のヤフーカテゴリー登録30サイトの

トップページのキーワード広告数は

1サイト30個限定です。

被リンクサービスの募集数は

最小30キーワード〜最大90キーワードとなり、

販売数に達し次第〆切らさせていただきますのでご了承ください。


今なら通常3ヶ月のプランを無料で4ヶ月に延長いたします!!

すべてのプランで無料1か月分がついてきます。

これだけでも1万円〜3万円がお得!!

尚、2010年10月29日(金)までにお申込いただいた方のみとさせていただきますのでご了承ください。

★ ヤフーカテゴリー登録サイト被リンクサービスお申込

販売教材のセールスタイプ(ダウンロード版)

ヤフーカテゴリー登録サイト10サイトからのテキストリンク ライトプランご購入はこちらから

ヤフーカテゴリー登録サイト15サイトからのテキストリンク

スタンダードプランご購入はこちらから

ヤフーカテゴリー登録サイト20サイトからのテキストリンク

ゴールドプランご購入はこちらから

ヤフーカテゴリー登録サイト30サイトからのテキストリンク

プレミアムプランは完売いたしました!ありがとうございました。

プレミアムプランご購入はこちらから

★ Q&A

ヤフーカテゴリー登録サイト被リンクサービスお申込

販売教材のセールスタイプ(ダウンロード版)

ヤフーカテゴリー登録サイト10サイトからのテキストリンク ライトプランご購入はこちらから

ヤフーカテゴリー登録サイト15サイトからのテキストリンク

スタンダードプランご購入はこちらから

ヤフーカテゴリー登録サイト20サイトからのテキストリンク

ゴールドプランご購入はこちらから

ヤフーカテゴリー登録サイト30サイトからのテキストリンク

プレミアムプランご購入はこちらから

プレミアムプランは完売いたしました!ありがとうございました。

※ 当サイトの決済ページは、株式会社インフォトップの決済システムを利用しています。

※ ライトプラン、スタンダードプラン、ゴールドプラン、プレミアムプランについては銀行、郵便局振り込み・クレジットカード決済・コンビニ決済、Bitcashからお好みの決済方法を選択可能です。

※ 弊社サービスは全てクレジットカードの分割支払いに対応しています。